おすすめダニ退治方法口コミ

ダニアレルギーの主な原因・布団のダニ退治から始めよう

 私の長女が小さかったころ、アトピーだけでなく、アレルギー性鼻炎にもなって、
しかも毎年ダニの季節になると、鼻が悪くてつらそうだった姿を思い出します。
耳鼻科で検査してわかったのですが、長女は紛れもなく「ダニアレルギー」でした。

 

ダニアレルギーやアトピー、小児喘息など、日本では子供の約半数は、こうした疾患を抱えているそうです。
特にこの30年の間に、小児ぜんそく患者の数は7倍にも膨れ上がっています。

 

布団アレルギー

小児ぜん息の80〜90%は、ダニアレルゲンが原因です。
6割の子供は、2歳までにダニに対するアレルギー反応を持つようになり、3歳ころ徐々に症状が出始めてきます。
実はアレルギー体質は、いったんそうなってしまうと、なかなか治りにくいのが現状です。
しかもアレルギー体質を持つ人が、赤ちゃんの時アトピー性皮膚炎から始まって、年齢を追うごとに喘息、アレルギー性鼻炎に、というように
アレルギー疾患が次々と現れてくることをアレルギーマーチと呼んでいます。

 

子供がダニアレルギーにならないためには、アレルギーを引き起こす原因から、お子さんをできるだけ遠ざけることが近道です。
そして0歳から3歳までの間は、できる限りアレルゲンに触れさせないようにするのがベストです。
「居住環境からダニをなくせば、アレルギー疾患の8割が治る」とも言われています。

 

ご存知ですか?
8歳くらいまでに、子供の免疫系は決まってしまいます。
ダニアレルゲンの温床となるのが「布団」。
ベビー布団やジュニア布団は、定期的にプロの丸洗い業者に洗濯をお願いするのが、
ダニアレルギー発症を避ける効果的な方法
です。
そして子供の布団だけでなく、家族全員の布団もフレスコの布団丸洗いに出し、
ダニの住処を作らないことがポイントです。

 


huton-maruarai.gif