主婦が教えるダニ退治方法口コミ

ダニを含むハウスダストアレルギーからせきぜんそくを防ぐ方法

 ダニを含むハウスダストアレルギーが原因で、ぜんそくになることがありますが、
ぜんそくの一歩手前の「咳ぜんそく」にかかる人が増えています。

 

ダニを含むハウスダスト 咳ぜんそく

風邪をひいているわけでもないのに、夜咳が出て目が覚める、
咳き込んで眠れない、という症状が思い当たるという方は、要注意かもしれません。

 

咳ぜんそくは、治療を早めに受けないと、ぜんそくに進行してしまうこのとある
怖い病気で、たかが咳、と侮れません。

 

咳ぜんそくの咳は、気道に炎症が起こって出てくるもので、
明け方から早朝に特に出やすいのが特徴です。
昼間は何ともないのに、夜に咳が多く出るのは、副交感神経の働きが強くなり、
気道を締めつけるためです。

 

咳ぜんそくの原因はずばり、ハウスダスト。
ダニだけではなく、花粉や黄砂、ほこり、カビなども含みます。
春や梅雨の時期、秋に風邪をひき、治ったと思っていたのに咳だけがしつこく続く、
という場合も、咳ぜんそくの可能性があるので、注意が必要です。

 

コンコンと空ぜきが続き、1〜2か月以上とかなりか長い期間続く人もいます。
1カ月も咳が続くようなら、迷わずアレルギー内科や呼吸器内科を受診しましょう。
早めに治療しないと、本格的なぜんそくになることがあります。

 

咳ぜんそくは成人がかかる割合が多く、目立つのは40代〜50代の年代で、
ついで70代以降の高齢者がかかることが多くなっているようです。
乳幼児ではあまり多くありませんが、ならないとも限らず、
咳ぜんそくはすべての世代でかかることがある病気です。

 

咳ぜんそくを予防するには、
・風邪をひかないように気をつける
・たばこの煙を吸わないようにする
・寒暖の差が激しい気候の際は、気温の変化を避けるため暖かい服装を心掛ける
・布団やまくらをよく洗濯して干し、ダニを含むハウスダストを除去する
・ペットの毛や花粉、黄砂などアレルギーの原因物質=アレルゲンを除去する
などが挙げられます。

 

心配な方は、空気清浄機を部屋に設置して24時間運転状態にする、という方法もあります。