主婦が教えるダニ退治方法口コミ

ダニの温床・じゅうたんやカーペットを敷くならダニ捕りマットを置こう

 絨毯やカーペットをフローリングのお部屋に敷いている、というお宅も多いかと思います。
私はじゅうたんを敷いていたら、ダニに刺されまくってしまい、以来じゅうたんはすべて撤去しました。
今現在、我が家ではじゅうたんは使用していません。

 

洗えるタイプのじゅうたんも一時期使っていたのですが、
洗濯機で丸洗いできるとはいえ、じゅうたんはかなりの大きさで、洗濯するのが大変ですし、
干す場所の確保も難しく、思い切ってやめました。

 

私の住む新潟は、冬は当然寒いので、じゅたんなしで居られるかな?
とちょっと不安でしたが、意外に冬にじゅうたんなしでもフローリングはOKでした。

 

寒さ対策に、洗えるタイプのフリースの座布団などを活用したところ、
気軽に洗濯できてしかもすぐ乾くので、ダニの温床にもならない、
おまけに暖かい、といいことづくめでした。

 

ダニ対策の観点から言うと、じゅうたんは敷かないほうが断然いいです。
じゅたんの毛にダニが入り込みやすいですし、掃除機でもよく除去しきれない、
しかも静電気で引き寄せられたダニが、他の場所へ移動しやすいなど、
ダニが繁殖する要因がたくさんあるからです。

 

どうしても絨毯を敷きたい、という方は、下記の点に気をつけてじゅうたんを使用されることをおすすめします。

 

家具の下に敷かない

 家具は一度設置したら、なかなか移動させる機会が少ないので、ダニの温床なりやすいです。

 

化学繊維のじゅうたんを選ぶ

 洗いやすいからといって、綿素材のじゅうたんを選ぶのはNG。
水分を含みやすいので、ダニが繁殖しやすくなります。
ポリエステルなど化繊のじゅうたんの方が、比較的水分を含みにくく、
しかも丸洗いタイプなら乾きやすいです。

 

じゅうたんの毛はループタイプにする

 じゅうたんの毛先が輪になった「ループタイプのほうが、掃除した時ダニを吸い取りやすいです。

 

取り外しできるじゅうたん

 畳1畳分くらいの小さめのじゅうたんを組み合わせて敷く、
またつないで使うジョイントタイプのコルクマットを敷く、など、
すぐに取り外しできるじゅうたん(マット)が使いやすいです。

 

じゅうたんを敷いたら、忘れずにダニ捕りマット大サイズを下に敷きましょう。
掃除機だけでは取りにくいダニを引き寄せて、一網打尽にしてくれます。