おすすめダニ退治方法口コミランキング

ダニアレルギーの症状その1「アレルギー性鼻炎」は小さい子供に多い

 ダニやダニの死骸・糞が原因のアレルギーを「ダニアレルギー」と呼んでいます。
ただしダニアレルギーは、ダニのえさとなるほこりやチリ、カビなども含んだ「ハウスダストアレルギー」に含まれることが多いようです。

 

ダニアレルギーの症状 アレルギー性鼻炎

家の中にはダニやほこりがたくさんあるので、ダニアレルギーを発症する機会は年間通してあります。
このことからも、ダニアレルギーは「通年性アレルギー」とされています。
ちなみに通年性アレルギーに対し、花粉症など季節によって発症するアレルギーを「季節性アレルギー」といいます。

 

ダニアレルギーの症状の一つ「アレルギー性鼻炎」は、鼻の粘膜が敏感なタイプの人がかかりやすく、
特に小さい子供に多いのが特徴です。もちろん、大人でもダニアレルギーからアレルギー性鼻炎になる人もいます。

 

アレルギー性鼻炎が起きるのは、アレルゲン(この場合はダニやダニの死骸・糞)が鼻腔から入ると、
アレルギー反応を起こし、細胞から化学伝達物質が出て、鼻の粘膜を刺激します。
鼻水やくしゃみが出るのは、そのためです。

 

大人の場合、ダニアレルギーからくるアレルギー性鼻炎の症状は多岐にわたっています。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが主なもので、水っぽい鼻水が止まらなくなり、鼻詰まりが起きます。
ひどくなると臭いがわからない、ということもあるようです。
さらにアレルギー性鼻水から、目の充血やかゆみ、涙が出る、など、目の症状も出てきます。

 

頭痛やイライラ、集中力ややる気の低下などにまで及ぶと、そのつらさは相当なものです。
仕事や学業に影響を及ぼすことにもなりかねませんので、早めに耳鼻科医での受診が必要です。

 

 

ダニアレルギーの症状・子供の場合は、鼻詰まりを起こすことが大半です。
鼻水をともなうこともあり、透明な鼻水や黄色い鼻水のこともあります。

 

鼻づまりや鼻水は、風邪に引き始めの症状と似ているため、親でもなかなか気づきにくいところでしょう。
風邪でなければ熱は出ませんので、鼻詰まりを気にする、鼻をいじる、不快感を表す、ぼーっとして集中力に欠ける、
などの様子が見られたら、耳鼻科医へ相談してみましょう。